ママスペース

家事や育児に日々追われるママですが、家事や育児の合間の時間にホッと安らげて休憩できるスペースがあると嬉しいものです。また、家事は立って行うものばかりではなく、座って作業するものも多いです。家計簿をつけたり、裁縫をしたり、学校のプリントに記入したり、スケジュールを管理したりとこれらを邪魔されず効率よく行えるスペースがあると便利です。

そこで最近ではママの居場所となるワークスペースを、家事の中心であるキッチンからより近い場所に設けられることが増えてきました。自分だけが過ごすスペースがあることで、座って行う家事を効率よく行うことができますし、慌ただしく過ごす日々の癒しの空間にもなってくれるのです。キッチンからより近い場所に設けることで、家事の合間の時間をより有効的に利用しやすくなるのです。

自分だけの居場所と考えていながらも、子ども達が成長すればスタディーコーナーとして利用させることも視野に入れて設けました。そこでまず、横幅のあるカウンターを造り付けたのです。奥行も確保し、教材を広げて勉強のしやすさをアップさせました。ここで子ども達が二人並んで勉強することもできますし、親子で並んで宿題のチェックも行えるのです。

カウンターの両サイドにはオープン棚を設けており、ノートパソコンやプリンター、書類などを整理しています。カウンター上部には扉付きキャビネットを設け、辞書などの勉強道具や裁縫道具などここで使用するものをきちんと収納することができています。このようなスペースを設けて、自分の時間をより大切にしたり、親子のコミュニケーションを深めてみるのもいいのではないでしょうか。

空間のメリハリ

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。空間の繋がりを大事にすることで、できるだけ視界を遮る壁や間仕切りは設けないようにするのです。空間の一体感を高めることで、家で孤立する場所がなくなり、自然とリビングに集まってきやすく、家族が顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなります。

また、視界が奥にまで繋がることで広さや開放感が得られるのです。しかし、壁や間仕切りが全くないと空間が間延びして空間のメリハリが損なわれてしまいます。空間の繋がりを大事にしながらも空間のメリハリもしっかりとつけ、居心地のいい空間造りをしましょう。

そこで程よい高さの腰壁やアーチ状の垂れ壁を設け、視線を抜けさせつつも間仕切りの役目を果たしてくれる壁を取り入れてみてはいかがでしょうか。我が家はキッチン部分には腰壁を設けていますし、ダイニングの一角に設けたパソコンスペース部分はアーチ状の垂れ壁で緩やかに空間をゾーニングしました。この壁があることで空間のメリハリが生まれるだけでなく、壁厚を利用してニッチ収納を設けたり、個室で過ごしているかのような気分が味わえ過ごしやすいのです。

このような壁を設ける以外に、ダイニングとリビングの境に木の格子を設け互いの視線を緩やかにカットできるようにするのもいいでしょう。食事をするスペースとくつろぎのスペースという風にメリハリが生まれます。木がLDKのアクセントにもなりますし、格子なので明るさをしっかり通すため閉鎖的な印象になることもありません。空間の繋がりと同時にメリハリも大事にしましょう。

間取りの重要性

家造りにおいて最初に決めることが間取りです。どこに何を配置するかでその家の暮らしやすさが決まると言っても過言ではないのです。それだけに住宅内の動きをしっかりとイメージして配置を決めましょう。ライフスタイルに合った間取りを取り入れたいものです。

間取りを決める際には動線が大事です。この動線には、生活動線と家事動線があります。どちらにも目を向ける必要があります。動線に配慮しることで住宅内の無駄な動きを省け、効率よく移動が行えるようになります。移動のしやすさは老若男女問わず暮らしやすさを実感できるのです。

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。ここが住宅の中の中心的空間です。ここからの動線に注目しましょう。一体感のあるLDKから洗面室やトイレなどそれぞれの個室へ入るようなスタイルになります。今までは廊下から各部屋に入る動線でしたが、最近ではLDKが通路の役目を果たすようになり廊下の面積を少なくしたり、廊下がない家というのも珍しくはないのです。廊下はデッドスペースとさえ考えられるようにもなっています。

廊下の無いことで空間をより広く、効率よく活用することができるのです。空間を効率よく活用することで住宅内の無駄な動きを省け、効率よく移動できるのです。家事を行うママにとっては家事動線に注目して水廻りの配置をきめるといいのです。家事動線をコンパクトにして家事の時短を実現しましょう。

リビングにスキップフロア

先日訪れた友人宅にはリビングにスキップフロアが設けられていました。一見、スキップフロアを設けず広々とした空間が広がる方が、見た目もスッキリとして空間の利用のしやすさも高いような気がしますが、いざ生活している様子を見てるとこのスキップフロアが活躍していたのです。

リビングでくつろいでいる横で子どもがおもちゃを広げて遊ぶと親はつい「おもちゃを片付けなさい」と怒ってしまいがちです。子どもが遊んでいる横でアイロンがけをすると、子どもがアイロンに触れないか心配でスムーズに家事を行いにくい場合もあります。このようにリビングではくつろぐ人もいれば、遊んだり、勉強をしたり、家事をしたりと様々なことをするだけに、スキップフロアを設けてくつろぐスペースと作業スペースと生活にメリハリをつけるのです。

スキップフロアは子どもが遊ぶスペースとして利用します。思い切りおもちゃを広げて遊べるスペースがあると子どもも嬉しいですし、大人にとっても足元におもちゃが散らかることなく、ゆったりとくつろぐことができます。子どもが成長すればスタディーコーナーとしても利用できます。子どもが利用しない夜間はママの家事スペースやパソコンスペースとして利用します。家事が集中して行えますし、子ども達が寝た後はママの憩いの場として活躍するのです。

いろいろな用途で活用できるスキップフロアは、リビングをより快適に居心地のいい空間にしてくれるのです。リビングとの境には腰壁を設けて程よく空間を区切っておくと、視線が気にならずいいと思います。

リフォームで断熱効果を上げよう

住まいのリフォームを考える時、まず、住まいの寿命を延ばし、住み続けていくために、メンテナンスをすることが優先されます。
屋根、外壁、土台などの劣化を点検し、補修していかないと、住まいはどんどんだめになっていきます。このメンテナンスができた場合、次に取り掛かるのが、住環境を向上させるためのリフォームです。例えば、断熱効果を高めることです。

住まいの断熱効果を向上させていくには、断熱材を充分に、きちんと入れているか、窓やドアなどの開口部を断熱しているか、或いは、機密工事がきちんとなされているかが大切です。窓やドアなどの開口部の断熱については、比較的簡単な工事でリフォームすることができます。住まいを新築した時は、開口部の断熱についてもそこまで考えていない場合があります。

しかし、建材は日々進歩しています。窓ガラスにしても、一般的にエコガラスと言われているガラスがあります。これには、断熱タイプと遮熱タイプがありますが、住まいの向きによって、使い分けます。また、窓枠についても、アルミ製のサッシが一般的ですが、最近は、熱伝導率が低く、断熱効果の高い樹脂製の窓枠があります。これらへの交換は比較的簡単です。

また、玄関ドアや勝手口のドアにつても、最近は、次世代省エネルギー基準を満たしている玄関ドア本体、玄関ドアの枠、ガラス部分に工夫を加えたものもできました。どんなに壁や天井部や床下に、断熱材を入れても、窓と同様に、玄関や勝手口という開口部がネックになっています。それらを交換するリフォームは、比較的簡単な工事で済みます。このリフォームをすることで、断熱効果が上がり、省エネが実現します。それだけでなく、格段に住環境が向上していきます。

土地選びのテクニック

家造りはまず、土地を探すことから始めるという人が多いです。自分に合った土地を探すためには、事前に家を建てる目的をしっかりと整理することから始めましょう。永住するための家を造るのか、いずれは住み替えるつもりでいるのかで選ぶ土地も変わってきます。家を建てる目的と同時に、土地に求める条件に優先順位をつけておくとより土地選びがしやすくなります。

子育てや仕事、趣味など新しい家で暮らしの中心になるのは何なのかということが大きく関わってきます。自分自身のライフプランを考え直すことで、土地に求める条件が自然にクローズアップされてくるので、環境なのか、通勤や通学時間なのか、広さなのか、交通の便なのか、商業施設の充実なのか様々な条件の中で何を優先させるかをしっかり明確にしておきましょう。優先順位をつければ土地が絞られてきて土地選びがしやすくなります。

そうして探していく中で気になる土地が見つかれば、必ず自分の目で確かめることが大事です。それも一度や二度ではなく、朝・昼・夜の時間ごとにはもちろん、雨の日や晴れの日など気象条件の異なる日にも足を運んでみるのです。土地の価格が安いからと言ってすぐに飛びつくのではなく、じっくりと焦らず見極めて購入するようにしましょう。最高の住宅を完成させるには、どこに家を建てるのかということも大きく影響してきます。新しい暮らしが快適で暮らしやすいものにするためには、自分達家族に最適な土地を選びたいものです。

洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに洗濯物干し場の環境をしっかりと整えておくことは非常に大事なことです。洗濯物干し場は屋外用と室内用どちらもしっかりと完備しておくと毎日行う家事がスムーズになります。

まず屋外用です。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。濡れて重くなった洗濯物を抱えて洗濯物干し場まで運ぶのでできるだけ動線を短くしておいた方がいいのです。一番動線が短いのは、洗濯機を設置する洗面室に勝手口を設けて、その先に洗濯物干し場を設けるのです。そうすればほとんど洗濯物を抱えることなく干すことができます。家事動線が短いことで家事効率も高まるのです。

家事と育児を両立させるという観点であれば、リビングの先に洗濯物干し場を設けるといいのです。洗面室からの動線も長くないですし、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら安心して家事を行えます。家事と育児の両立がしやすいスタイルなのです。一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーに干すという動線です。動線上に階段を挟みますし、動線も長いので家事の効率が下がりますし、身体に与える負担も大きいのです。

室内用の洗濯物干し場に関しては、室内用の洗濯物干し場を利用する頻度に合わせて設ける場所を考えるといいと思います。夜洗濯をしたり、花粉や大気汚染物質の飛来が気になり屋外に洗濯物を干したくない人にとっては室内干しが活躍します。使用頻度が高いのであれば、洗面室に室内干しを設けておくといいでしょう。

最近では浴室に浴室換気暖房乾燥機を設けて室内干しの環境を整えている家庭も多いです。使用頻度が低い家庭であれば、スペース的に余裕があるところに設けましょう。我が家は、階段を上がった先の二階のホールスペースを利用して設けています。動線は長いのですが、使用頻度が低いので負担に感じにくいのです。毎日行う家事だからこそしっかり環境を整えておくべきなのです。

二階ホールを活用させよう

階段を上がった先の二階のホールをどのように活用させていますか。ただの通路でしかないという家庭も多いです。しかし最近の住宅の傾向の一つとして、二階ホールを有効活用させることが挙げられます。我が家の二階はこのホールを中心に間取りを決めたと言っても過言ではありません。

二階ホールの広さは6帖ほどあります。このホールから二階の全ての空間へ行き来できるようになっています。そのため家族が二階で顔を合わせる機会も自然と増えるのです。このホールを中心として行き来をするため、二階には廊下がありません。デッドスペースでもある廊下がないことで、各空間をより有効的に利用できるのです。この二階ホールは、昼間はキッズスペースとして、夜はセカンドリビングとして利用しています。

我が家の二階ホールは一階のリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられています。昼間ここをキッズスペースとして利用できるのは、吹き抜けに面しているからです。4歳と2歳の子ども達だけ遊んでいても、吹き抜けを通して仲良く遊んでいる様子やケンカしている様子が伝わってきます。同じ場所に居なくても様子が伝わってくるため対応もしやすいのです。気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすく家族の繋がりも感じられます。

寝る前は家族でここで過ごすことが多いです。親子で遊んだり、絵本を読んだりと一階のリビングとは違った過ごし方ができています。寝室により近い場所でくつろぐことで、いざ眠くなった時もすぐに寝室へ休むことができます。二階ホールを有効活用させることで住まいの過ごし方に幅が広がるのです。

ママの居場所

家事や育児に毎日奮闘する私が、住宅に希望したことがあります。それはホッと一息自分の時間を過ごすスペースを確保することです。これは家事や育児、それに加え仕事を抱える女性の多くが住まいに対し希望することでもあるのです。最近では、家事の中心であるキッチンの近くにママの居場所となるママスペースを設ける家庭も非常に多いのです。キッチンからより近い場所に設けることで、家事の合間に休憩しやすくなります。

調理中ちょっと空いた時間にお茶を飲み、一息つく場所として最適なのです。しかしここでは休憩をする場所としてだけ利用するわけではありません。主婦にとって家事は立って行うことだけではありません。裁縫をしたり、子ども達のスケジュールを管理したり、家計簿をつけたりデスクワークすることも多いです。このようなデスクワークを集中して行うスペースとしても最適なのです。

私は家事や育児の合間にパソコンを使い仕事をすることもありますし、パソコンで夕飯のレシピ検索を行うことも多いです。キッチンからより近い場所にママスペースがあるとレシピを見ながら料理をしやすいですし、料理の合間にサッとパソコンを開いて仕事をすることもできます。我が家に設けたママスペースはリビングやダイニングとの一体感が高いです。それはまだ目が離せない小さな子どもがいるからです。ママスペースで自分の時間を過ごしながらも、リビングで遊ぶ子ども達の様子をしっかりと確認できます。家族との繋がりを感じられることで互いに安心感も得られます。

私の友人はキッチンの奥のパントリースペースの一部をママスペースとして利用していました。リビングやダイニングから見えない場所に設けられたママスペースは個室のような感覚が得られ、違った魅力がありました。ライフスタイルに合ったママスペースを設けてみて下さい。

おもてなしニッチ

最近住宅にニッチが多く取り入れられています。このニッチとは壁の厚みをくぼませて、飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することができるのです。壁の厚みさえも無駄にせず有効利用させることで、住宅の満足度も高められるのです。

我が家にもこのニッチを積極的に取り入れました。数か所設けた中で、一番気に入っているニッチが、玄関ホールの壁に設けたニッチです。このニッチを私はおもてなしニッチと呼んでいます。玄関ホール部分の壁に縦長のニッチを設けたのです。この上部と下部は飾り棚として、お気に入りの雑貨を飾れるようになっています。そして真ん中部分は、お客様用のスリッパラックとなっています。

お客様用のスリッパは、使用頻度が低いので玄関ホールに置いているとホコリをかぶり、いざ使う時には使えないということも多いです。置き型のスリッパラックが玄関ホールにあると邪魔に感じることもあるでしょう。お客様用のスリッパをニッチ内に収めることで、ホール部分がスッキリとします。ニッチの前にはホコリを被らないように扉を設けました。これで使用頻度の低いお客様用のスリッパがホコリを被ることもないのです。

ニッチの前に設けた扉は、ミラー扉にしました。ミラー扉にしたことで、家族がお出かけする前に身だしなみをチェックするのに最適の鏡となっているのです。このニッチがあるおかげで玄関がより充実した空間となっているのです。ニッチは柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが変わってきます。しかし壁の厚みを利用し、空間をオシャレに、そして収納スペースの充実につなげるのはとてもいいことだと思います。