Archive for the ‘リフォーム’ Category

リフォームで断熱効果を上げよう

住まいのリフォームを考える時、まず、住まいの寿命を延ばし、住み続けていくために、メンテナンスをすることが優先されます。
屋根、外壁、土台などの劣化を点検し、補修していかないと、住まいはどんどんだめになっていきます。このメンテナンスができた場合、次に取り掛かるのが、住環境を向上させるためのリフォームです。例えば、断熱効果を高めることです。

住まいの断熱効果を向上させていくには、断熱材を充分に、きちんと入れているか、窓やドアなどの開口部を断熱しているか、或いは、機密工事がきちんとなされているかが大切です。窓やドアなどの開口部の断熱については、比較的簡単な工事でリフォームすることができます。住まいを新築した時は、開口部の断熱についてもそこまで考えていない場合があります。

しかし、建材は日々進歩しています。窓ガラスにしても、一般的にエコガラスと言われているガラスがあります。これには、断熱タイプと遮熱タイプがありますが、住まいの向きによって、使い分けます。また、窓枠についても、アルミ製のサッシが一般的ですが、最近は、熱伝導率が低く、断熱効果の高い樹脂製の窓枠があります。これらへの交換は比較的簡単です。

また、玄関ドアや勝手口のドアにつても、最近は、次世代省エネルギー基準を満たしている玄関ドア本体、玄関ドアの枠、ガラス部分に工夫を加えたものもできました。どんなに壁や天井部や床下に、断熱材を入れても、窓と同様に、玄関や勝手口という開口部がネックになっています。それらを交換するリフォームは、比較的簡単な工事で済みます。このリフォームをすることで、断熱効果が上がり、省エネが実現します。それだけでなく、格段に住環境が向上していきます。

中古マンションリフォーム(その2)

不動産物件の中古マンションを購入してリフォームするということについての続きです。
前回、ご説明したのがマンションでリフォームが可能な部分は【専有部分】と言われる玄関の内側からサッシの内側までのコンクリートの壁・床・天井・柱の内側に組まれた間仕切り壁や天井住居部分ということを説明しました。
では逆にリフォームを個人ではできない部分について考えてみましょう。
【共用部分】と言われるについてはリフォームはできません。
【共用部分】とはマンションの箱の部分であるコンクリートで作られた壁・床・天井・柱などのマンションを支える構造部分や、共同で使用するエレベーターや廊下などを指します。
また【専用使用部分】というのがあって、住んでいる居住者が普段専用に使用しているベランダや玄関扉などが含まれます。
細かく言うと玄関ドア、サッシのカギや網戸なども専用使用部分にあたります。網戸を張り替えたり、ガラスが割れた場合の交換、カギの交換などは持ち主が行うように決められていますが、基本的には共用部分にあたるためリフォームはできません。
この様にマンションの区分は【専有部分】と【共有部分】【専用使用部分】とに分けることができますが、マンション、物件それぞれの管理規約によって違いがあります。
自分が購入を考える物件がどこまでリフォーム可能なのか、自分がリフォームしたいと思っている部分がリフォームできる部分に含まれているのかをしっかりと確認しておきましょう。
私の姉も大分で中古住宅や中古マンションなどの不動産物件からマイホームの取得を考えていますが、リフォームも含めて提案がしっかりとできる不動産会社と打ち合わせをしている所です。

中古マンションのリフォーム(その1)

マンションの購入を考えて新築マンションのチラシや物件資料を見ていると見た目は美しいのですが、床や壁など素材感で満足できないものがおおいのではないでしょうか。
そういった場合、不動産物件の中古マンションを購入して自分が思い通りの部屋にできるようにリフォームを考えてみてはどうでしょうか。
一つ気をつけておきたいのは中古マンションを購入する金額、それに伴う諸費用、そしてリフォームにかかる金額が新築のマンションやその他の中古住宅や一戸建て住宅を購入する金額と同等または上回らにように考えておかないといけないことです。
中古マンションを購入する際に仲介した不動産会社がリフォーム部門を持っていたり、また懇意にしている工務店などがあれば購入に関してまとめて相談できるので不動産会社を選ぶ際にそういったことが可能かどうかも不動産会社を選ぶ基準になってくるかと思います。
ではマンションのリフォームに関してですがどの部分まで改装できるか、また間取りの変更についてなど様々な疑問があると思います。
マンションのリフォームの場合は個人で勝手にリフォームしてはいけない部分や自由にリフォームできる部分が分かれています。
マンションの場合は管理規約と使用細則というルールがあります。
所有者がそれぞれ快適に暮らせるように、また住人はそれをしっかり守る義務があります。
まずはこれをしっかり確認しましょう。
マンションそれぞれの管理規約によって違う部分がありますが基本的にリフォームできる範囲は「専有部分」と言われる玄関の内側からサッシの内側までの住居部分です。
コンクリートの壁・床・天井・柱の内側に組まれた間仕切り壁や天井は専有部分になります。この部分が個人でのリフォーム可能な範囲になっています。