Archive for 2月, 2010

不動産物件の購入について

中古マンションや中古住宅などの不動産物件の取引がどのように行われるのか考えたいと思います。
不動産物件は直接売り主が販売している場合と不動産会社などの仲介業者が取引している場合などがあります。
直接売主と取引を行う場合と不動産会社などの仲介業者から買う場合とがありますが、でそれぞれメリット・デメリットがあるのでまとめてみたいと思います。
直接売り主から買う場合のメリットは直接話ができるので時間的な短縮とこちらの意思が正しく伝わっているか確認できます。
また仲介手数料が発生しないということが考えられます。
デメリットとしては売り主が不動産会社や建設会社などの場合、買い主側もある程度の不動産知識が必要です。
不動産会社が仲介を頼む場合と比べると丁寧な対応ではない場合があることが考えられます。
不動産会社などの仲介業者をはさんで買う場合のメリットは買い主が言いにくいことも仲介のい不動産会社を通して売り主に伝えてもらえる、また不動産知識がなくても話を進めてくれ、その物件に係わる不動産用語や内容の説明を行ってもらえることが考えられます。
デメリットは不動産会社が行う仲介は売り主と買い主にとって中立な立場のため100パーセント味方ではないということです。
また仲介手数料がかかることが挙げられます。
購入後のトラブル等があれば仲介を通して問題の解決がスムーズに行ってもらえるということも考えられるので不動産知識がない方で不動産の購入を考えている方は不動産会社の仲介物件での取引を行うことをお勧めします。