Archive for 9月, 2010

中古マンションリフォーム(その2)

不動産物件の中古マンションを購入してリフォームするということについての続きです。
前回、ご説明したのがマンションでリフォームが可能な部分は【専有部分】と言われる玄関の内側からサッシの内側までのコンクリートの壁・床・天井・柱の内側に組まれた間仕切り壁や天井住居部分ということを説明しました。
では逆にリフォームを個人ではできない部分について考えてみましょう。
【共用部分】と言われるについてはリフォームはできません。
【共用部分】とはマンションの箱の部分であるコンクリートで作られた壁・床・天井・柱などのマンションを支える構造部分や、共同で使用するエレベーターや廊下などを指します。
また【専用使用部分】というのがあって、住んでいる居住者が普段専用に使用しているベランダや玄関扉などが含まれます。
細かく言うと玄関ドア、サッシのカギや網戸なども専用使用部分にあたります。網戸を張り替えたり、ガラスが割れた場合の交換、カギの交換などは持ち主が行うように決められていますが、基本的には共用部分にあたるためリフォームはできません。
この様にマンションの区分は【専有部分】と【共有部分】【専用使用部分】とに分けることができますが、マンション、物件それぞれの管理規約によって違いがあります。
自分が購入を考える物件がどこまでリフォーム可能なのか、自分がリフォームしたいと思っている部分がリフォームできる部分に含まれているのかをしっかりと確認しておきましょう。
私の姉も大分で中古住宅や中古マンションなどの不動産物件からマイホームの取得を考えていますが、リフォームも含めて提案がしっかりとできる不動産会社と打ち合わせをしている所です。