Archive for 12月, 2010

初期費用の内訳

今回はアパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際に払うことになる初期費用の内訳について話をしようかと思います。
佐賀で住宅を建て替えするために友人が賃貸物件を借りた時に以外に初期費用がかかることに驚いていたのを覚えています。
初期費用の内訳は礼金・敷金・保険・仲介手数料などがあります。
礼金とは貸主に賃貸物件を貸してもらうので貸主に対して謝意を表すものとして支払う費用です。
一般的に礼金は賃料の1ヶ月分や2ヶ月分の場合が多いですが、最近では礼金を取らない賃貸物件も増えてきているようです。
知っておかなければいけないこととして礼金は基本的に退去する際に返還はされません。
また礼金は地域の取引慣習や市場動向によっても変わる可能性があります。
礼金の扱いについては不動産会社に確認しておきましょう。
次に敷金ですが敷金は新規契約の際に賃料や補修費用等の支払いを担保する目的で貸主が借り主から預かるものです。
一般的に敷金の金額は賃料の1ヶ月分、2ヶ月分などが多いようです。
地域や物件が新築の場合に金額が高くなる場合もあります。
敷金の扱いは賃料の滞納や借り主に原因のある損傷や破損などの補修費用がなければ、基本的には退去する際にに全額返還されることになっています。
保険ですが入居中に借り主の責任によって起きた火災や水漏れなどの損害、貸主や損害を与えた他の入居者などに補償するために加入するものです。
借り主の保険加入が契約条件となっていることも多いようです。
最後に仲介手数料についてですが、賃他老い物件の契約が決まった場合に不動産会社に支払う金額になります。
賃貸物件の場合は家賃の一カ月分×1.05が仲介手数料になります。
この様な内訳で初期費用を支払うわけですが、不動産会社や貸主によっては異なってくる場合があるので契約前にしっかりと確認しておきましょう。