Archive for 6月, 2011

賃貸物件・引っ越しまでの流れについて(その5)

引っ越しするために不動産会社に物件探しの依頼をして、気にいった賃貸物件が見つかって、不動産会社に申し込みをして、審査も通り、入居する日も決めて引っ越し業者にも手続きをしてあとは入居するのみとなった時にようやくほっとすることだと思います。
しかしここで気をつけておかなければいけないことがあります。
意外と入居当日に気付いて慌てる方が多いようです。それは「電気」「水道」「ガス」の利用の手続きについてです。
電気については通常の場合は、ブレーカーを入れれば即使用可能な事が大半です。
入居してから賃貸物件に備え付けられている連絡はがき、または電話にて電力会社に連絡しましょう。
水道も大半の場合は戸外の元栓を開放すれば使用可能になります。
水道の利用に関しても水道局に連絡するようにしましょう。
上記、二つに項目関しては特殊なケースがない限りは入居当日から使えるようになっていますし、万が一の場合は賃貸物件を管理している不動産会社に連絡を入れましょう。
特に気をつけてもらいたいのはガスの使用です。
ガスに関しては開栓はガス会社に来てもらい入居者の立ち会いのもと行われます。
前もって入居日と時間を指定しておかなければ、慌てて連絡しても即日に来てもらえないことがあります。
またガスは地域によってプロパンガス、都市ガスと使われているガスの種類が違います。
ガスコンロも見た目は同じでもプロパンガス用と都市ガス用に分かれているので新しく入居する賃貸物件がどちらを使っているのか確認しておきましょう。
ガスが使えないと入居した日に料理ができない、お風呂に入れないなどのトラブルが起きますので気をつけておきましょう。
私の友人が大分の工務店に依頼して、実家の建て替えをした時に一時的に賃貸アパートを借りた際にガスのことを忘れていて、大変な目にあったそうです。
また不動産会社の定休日に入居してトラブルが発生すると対処できないこともあるので定休日についても気をつけておきましょう。