Archive for 7月, 2014

断熱材の施工状態は要チェック

かつて、住まいは、自然の恵みを利用することで、居住環境をよくする工夫をしていました。例えば、夏に猛暑を少しでも軽減するため、できるだけ風通しの良い間取りにし、建具も夏用に交換したり、庇をつけたり、軒を深くして、日差しを防いだりしました。しかし、近年、住まいの居住環境を向上するのには、自然の恵みでなく、厳しい外部環境と遮断することに重点を置いています。厳しい外部環境とは、夏の太陽光であり、冬の冷気でもあります。住まいに冷暖房を導入することで、季節関係なく、快適な空間にすることができます。ただ、この冷暖房効率を上げるには、断熱が重要になってきます。

私の友人が住まいを新築する時、ある程度、居住環境をよくし、冷暖房効率を向上させるために、住まいの壁や天井や床に断熱材を敷き詰めて、効果的に断熱をするようにしました。断熱というのは、住まいのある場所だけを断熱したのでは、効果がありません。また、住まいの気密性も考えなくては、効果が低下するだけでなく、結露の問題も生じてきます。効果的に断熱をするには、断熱材の選択だけでなく、その施工がきちんと行われているかによって、大きく左右されます。どんなに優れた断熱材を選んでも、断熱材が隙間なく充填されているか、完成後、時間が経っても、断熱材に隙間が出ないかが大きな問題になります。

しかし、素人には細かいところは分かりません。専門家にきちんとチェックしてもらった上で、内装に取りえかかることが重要だと痛感しました。特に、天井の断熱については、なかなか目が行き届きません。小屋裏の妻側に断熱がなされていなかったり、小屋裏換気などのため、隙間が開いていたりします。彼女の住まいの場合は、天井裏の断熱材が何か所か浮き上がっていました。天井裏には、電線などが通っています。これらの配線をしたため、施工後の断熱材が浮き上がっていました。