Archive for 11月, 2015

リビング階段

最近住宅で多く取り入れられているものの一つにリビング階段が挙げられます。このリビング階段には2種類あって、階段の入り口がリビングに面しているだけのリビング階段と、階段がリビング内に存在しているリビング階段です。

後者のリビング階段になると、階段がリビングのインテリアの一つのような存在になります。一見、リビング内に階段が存在すると空間に圧迫感を与えそうですが、スケルトン階段にして、明るさをしっかり通してくれる階段にすることで開放感を感じられるリビングとなるのです。階段に設ける手すりをアイアンにしてデザイン性の高いものにすることで、リビングの雰囲気も大きく変わってきます。

しかしリビング階段のデメリットであがられることの一つが、二階からの冷気が一階に流れ込むということです。後者のようなリビング階段であればこれへの対策を取ることができません。

前者のようなリビング階段であれば、入り口部分に建具を設け、冷気の流れ込みへの対策をとったり、空間を区切れることで冷暖房効率も気にせずに済みます。リビング階段の魅力は、家族のコミュニケーションを大事にできる家になるということです。家族の集まるリビングを必ず通らなければ、二階の部屋には行くことができません。リビングで顔を合わす機会が増えることで、自然とコミュニケーションが生まれやすくなるのです。リビング階段が人気を高めている中、しっかりとデメリットへの対策を取り、魅力を最大限に感じられるリビング階段を設けたいものですね。