Archive for 2月, 2016

キッチン収納

キッチンには収納しておきたいものがたくさんあります。大きさやサイズもバラバラでそれらをスッキリと収納させるのは容易なことではありません。しかしキッチン用品をきちんと収納しておくことで家事の効率も高まるのです。以前のキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。開き戸タイプでは鍋などの調理道具を重ねてしまうのと、奥にしまったものが出し入れしにくいのが欠点でした。

私が以前住んでいた戸建ての賃貸住宅もこの開き戸タイプで収納への不満を感じていました。しかし最近のものは引き出し収納の主流となってきています。引き出し収納にすることで奥にしまったものでも把握しやすく、また出し入れもしやすくなりました。また、ものに合わせた収納機能を兼ね備えています。キッチンには調理道具にフライパン、お鍋などさまざまなものを収納します。菜箸やお玉など長いものは立てて収納します。取り出しやすく、しまいやすくなるのです。またフライパンやお鍋は柄の部分がつかみやすくなる収納になっているのです。

そしてキッチンで一番使い勝手の悪い収納は吊り戸棚です。最近では吊り戸棚を設けず、LDKの一体感を大事にする方が重視されています。物の出し入れがしづらい吊り戸棚は収納機能としての意味をあまり果たしていないのです。もし吊り戸棚を設けるのであれば、目の高さまで上下に動かすことができ、使いやすいタイプの吊り戸棚を設けましょう。手で動かす手動タイプのものと、スイッチ一つで動く電動タイプがあります。キッチンの収納力を高めて家事の効率が高められ、収納への不満を感じることのないキッチンを目指しましょう。