Archive for 6月, 2016

おもてなしニッチ

最近住宅にニッチが多く取り入れられています。このニッチとは壁の厚みをくぼませて、飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することができるのです。壁の厚みさえも無駄にせず有効利用させることで、住宅の満足度も高められるのです。

我が家にもこのニッチを積極的に取り入れました。数か所設けた中で、一番気に入っているニッチが、玄関ホールの壁に設けたニッチです。このニッチを私はおもてなしニッチと呼んでいます。玄関ホール部分の壁に縦長のニッチを設けたのです。この上部と下部は飾り棚として、お気に入りの雑貨を飾れるようになっています。そして真ん中部分は、お客様用のスリッパラックとなっています。

お客様用のスリッパは、使用頻度が低いので玄関ホールに置いているとホコリをかぶり、いざ使う時には使えないということも多いです。置き型のスリッパラックが玄関ホールにあると邪魔に感じることもあるでしょう。お客様用のスリッパをニッチ内に収めることで、ホール部分がスッキリとします。ニッチの前にはホコリを被らないように扉を設けました。これで使用頻度の低いお客様用のスリッパがホコリを被ることもないのです。

ニッチの前に設けた扉は、ミラー扉にしました。ミラー扉にしたことで、家族がお出かけする前に身だしなみをチェックするのに最適の鏡となっているのです。このニッチがあるおかげで玄関がより充実した空間となっているのです。ニッチは柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが変わってきます。しかし壁の厚みを利用し、空間をオシャレに、そして収納スペースの充実につなげるのはとてもいいことだと思います。