Archive for 6月, 2017

空間のメリハリ

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。空間の繋がりを大事にすることで、できるだけ視界を遮る壁や間仕切りは設けないようにするのです。空間の一体感を高めることで、家で孤立する場所がなくなり、自然とリビングに集まってきやすく、家族が顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなります。

また、視界が奥にまで繋がることで広さや開放感が得られるのです。しかし、壁や間仕切りが全くないと空間が間延びして空間のメリハリが損なわれてしまいます。空間の繋がりを大事にしながらも空間のメリハリもしっかりとつけ、居心地のいい空間造りをしましょう。

そこで程よい高さの腰壁やアーチ状の垂れ壁を設け、視線を抜けさせつつも間仕切りの役目を果たしてくれる壁を取り入れてみてはいかがでしょうか。我が家はキッチン部分には腰壁を設けていますし、ダイニングの一角に設けたパソコンスペース部分はアーチ状の垂れ壁で緩やかに空間をゾーニングしました。この壁があることで空間のメリハリが生まれるだけでなく、壁厚を利用してニッチ収納を設けたり、個室で過ごしているかのような気分が味わえ過ごしやすいのです。

このような壁を設ける以外に、ダイニングとリビングの境に木の格子を設け互いの視線を緩やかにカットできるようにするのもいいでしょう。食事をするスペースとくつろぎのスペースという風にメリハリが生まれます。木がLDKのアクセントにもなりますし、格子なので明るさをしっかり通すため閉鎖的な印象になることもありません。空間の繋がりと同時にメリハリも大事にしましょう。