Archive for 3月, 2018

リビング収納

家族が長時間過ごすリビングこそ収納スペースに力を入れるべきだと思います。子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、ランドセルに外出先で着ていた上着、勉強道具など気を抜くとこれらがリビングに散らかっており生活感で溢れ、本来のくつろぎのスペースとはかけ離れた空間となっていませんか。そこでリビング収納を充実させ、リビングに集まってくる物をきちんと整理できるようにするのです。暮らしの中心であるリビングに家族みんなで共有できる収納スペースがあることで便利さも高まります。

我が家は、リビングの背面にウォークインタイプのリビング収納を設けました。室内からは見えない収納スペースを設けることで、見せたくない日用品などもしっかりとここに収納できますし、扇風機や暖房機、掃除機などの大きさのある電化製品もスッポリと収められています。壁一面に棚を造り付け床から天井いっぱいに収納スペースを確保しています。収納する物に合わせて棚の高さを自由に調整できるためデッドスペースを生みにくく、物を効率よく収納することができます。

子ども達の絵本やおもちゃ、ランドセルや幼稚園グッツ置き場は自分達が出し入れできるように下部を利用して収納しています。ロッカーのような感覚でどこに何があるかが一目で分かり、出し入れがしやすいため子どもも自分の物は自分で管理する習慣が身に付いています。

他にもリビングではパソコンを使用するためパソコン関連用品、アイロン台にアイロン、書類や説明書、薬箱に爪切りなどの生活雑貨などを収納しています。一部分にはハンガーパイプを二段に分けて設けており、コートクロークとして利用しています。このリビング収納のおかげでリビングに物が散らかりにくく、急な来客時でも物をサッと片付けられ非常に便利です。