整理の効果

時間的な効果
物を探すことにどのくらい時間を使っているのでしょうか。1日5分とすると、1年で1825分 約30時間になり、1年で1日以上の時間を無駄にしています。20歳から80歳までの60年で考えると、60日、2ヶ月以上の時間を探すことに使っているのです。整理ができていれば、この無駄な時間がなくなります。
時間ができれば、新しい趣味を始める時間に費やす事もできます。

精神的な効果
探し物をしていると、不安に駆られます。大切なものだったら、見つからなかったときの喪失感、必要な物が出てこなかったらどうしよう、どう対処したら良いのだろう、出かける前なら、時間に遅れてしまうなど、大変なストレスです。そんな状態では、落ち着かないし何に対しても集中できず、良い結果は得られません。きちんと整理ができていれば、そもそも探しものをする必要がないので、そんな不安にかられる事もないのです。
不安が無くなれば、思い切って遊べます。

経済的な効果
デジカメのケーブル、電池、ハサミなど、同じものがいくつもある事があります。失くし物をして買わざるをえなくなり、買ってから見つかったのです。何がどこに何個あるのかちゃんと把握できていれば、新たに買わなくて済んだのです。バーゲンで安売りの黒いセーターがあり、家にあるものが分からずに買ってしまい、帰ってみたら黒のセーターがあった、などという事も起こります。
無駄使いが無くなれば、大きな経済効果が生まれます。貯金や、本当にほしい買い物を奮発できるかもしれません。

整理が出来ると、自分を変える事もできるのです。

Comments are closed.