ユーティリティ

主婦の憧れのスペースとして最近間取りに組み込まれているのがユーティリティです。洗濯やアイロンがけ、裁縫や日々の事務的な作業など家事を集中して行えるスペースのことです。このようなスペースを設けることで家事の効率化が図れ、自分の時間や家族との時間をより大切にすることができるのです。

家計簿をつけたり、学校や地域、会社などの書類の整理や保管、パソコンでの作業など事務的な作業を行う機会も多いです。洗濯やアイロンがけ、裁縫など衣食住に関わる作業もあります。これらをどこで行うかを整理してみましょう。ただ漠然と家事室や家事コーナーを設けても、利用しにくくほとんど使用しないスペースとなってしまうこともあるのです。

どのような家事をどこで、誰が行うのかということを考慮した上で、作業する内容に合った場所に家事のしやすい空間を設けておくのです。その時に大事にしたいのが家事動線です。家事動線を集約させコンパクトにしておくことで一連の作業が効率よく、そしてスムーズに行えるのです。家事の中心であるキッチンと、洗面室の間にユーティリティを設けておきます。これなら家事動線がコンパクトで無駄な動きが一切ありません。洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業がここ一か所で行うことができるようにしておくのです。

天井には室内干しを設け悪天候時はもちろん、夜洗濯を行った場合でも洗濯物干し場に困りません。乾いた洗濯物がサッとたためたり、アイロンがけができるようにカウンターも設けておきます。そして、ここには家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットまで完備しておきます。そうすればしまうという作業まで効率よく行えて家事の負担がかなり軽減されます。ユーティリティの必要性を考え、家事を負担なく楽しみながら行える住まいを目指しましょう。

Comments are closed.