Posts Tagged ‘平屋住宅’

終の棲家

私の両親は還暦を迎え終の棲家として平屋住宅を希望しています。二階建て住宅の二階は独立した子ども部屋で利用しておらず、二階の寝室への行き来は階段を挟むため体にかかる負担が大きいのです。そこで平屋住宅を希望するようになったのです。

平屋住宅は住宅内の動線がコンパクトですみますし、階段を必要としないため住まいの安全性も高まりますし、体に負担がかかることもありません。住宅内の事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。これらの心配のない平屋住宅は、安全性が高まり高齢者も安心して暮らせるのです。階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれます。平屋住宅は階段がないのでデッドスペースを生みませんし、階段のスペース分、間取りをコンパクトにしたり、収納を増やすこともできるのです。ワンフロアなのでリビングに自然と集まってきやすく、家で孤立する場所がないため家族の繋がりを実感できるのです。

住まいの暮らしやすさを感じられるのは、部屋から部屋への移動のしやすさがポイントになります。お掃除の際も掃除機を抱えて階段を上り下りする手間がかからず、お掃除をスムーズに行えます。また庭との一体感も身近に感じられるという魅力もあります。家庭菜園やガーデニングが趣味の母なので住宅と庭のつながりも住宅を考える際の大きなポイントです。最近では数を少なくしつつある平屋住宅ですが、魅力も多いだけに終の棲家として適しているのだと改めて実感しています。